社内ニートのあれこれ

~毎日どこかのカテゴリで更新中~

MENU

【ゆゆゆい】赤嶺友奈の時系列を考える

ゆゆゆいメインストーリーに絡む、造反神側の勇者「赤嶺友奈」。

勇者であるはずなのですが、情報不足で今一つ実情がつかめません。

f:id:inoino_subcal:20180406085312j:plain

現時点で判明していること

  • 沖縄の家系で、四国生まれ四国育ち
  • 勇者服なしの勇者
  • 高嶋友奈の死後、逆手の風習が出来てから生まれた

話の流れからすると、赤嶺は沖縄の家系ではあるが、赤嶺友奈自身は四国で生まれているのは確定です。そうでないと逆手の風習で説明がつきません。

そして棗のことを知りつつも、面識がなかったことから、

  1. 胎児の時期に四国にたどり着いた
  2. 四国に根付いた赤嶺家で生まれた

のどちらかであることが伺えます。

ただ、姉と呼んでいることから①の可能性の方が高そうに思えますが・・・

f:id:inoino_subcal:20180406085649j:plain

 

時系列

話の内容から、赤嶺家は棗の協力で沖縄から四国にわたっています。

それもおそらく海路を使用して。

f:id:inoino_subcal:20180406090444j:plain

でも・・・

平成の終わりに海はないはずですよね。

 

若葉・友奈が大妖怪を用いての決戦(高嶋友奈死亡)

↓※1週間

若葉が目覚める(結界の強化が完了)

↓※季節が変わるほどの期間

レオにより外界が炎に変化(天沼矛?)

生贄により停戦、神世紀のはじまり

神世紀72年、バーテックス襲来の経験者が全員死亡

神世紀100年、100年間バーテックスの襲来は皆無

鷲尾須美は勇者である

 

赤嶺家が四国に来たのは間違いなく外界が海の時点。ということは、赤嶺友奈はバーテックスと戦ったことがない?

もしくは赤嶺家でのみ棗が勇者として語り継がれており、赤嶺友奈は神世紀100年~鷲尾須美の間で生まれて、勇者として戦っている。

 

まとめ

現時点の推測は、「赤嶺家は平成の時代に四国にたどり着き、神世紀100年の後に赤嶺友奈が誕生。鷲尾須美の章が始まるまでの勇者として戦っていた。」

アニメ2期を視た感じでは、勇者は相当数存在したはずなので可能性は高そう。

でも、若葉たち初代勇者の成り立ちを知っていたり、勇者服が無かったりの設定、土地神の詳細に詳しいことや、味方勇者に選ばれていないことなど、情報が不足気味。

愛媛戦が終われば、そのあたりも補完してくれるとありがたいですね。